RFA digital brains  -only 1 digital marketing firm-

Topics

tn_kitasato
STYLE

音楽やアートの力で今帰仁村を盛り上げたい「Okinawa JAZZ Festival 2016」主催者インタビュー

先日ご紹介した「Okinawa JAZZ Festival 2016」のイベント後、主催者の北里久仁之さんにインタビューをしてきましたので、その様子をお伝えいたします。

―― 「Okinawa JAZZ Festival 2016」おつかれさまでした! まずはなぜこのイベントを発起したのか教えていただけますか?

北里久仁之さん(以下、北里さん) 私は千葉県船橋市の出身で地元では飲食店を経営していましたが、2011年の東日本大震災の後妻と娘が沖縄へ避難し、私もその後沖縄へ行き、家族で移住したのがきっかけです。

ここ今帰仁村は人口1万人にも満たない村で、沖縄の自然が今も沢山残っています。小さい村ですが、琉球王国以前から存在していたという今帰仁城の城跡が、世界遺産に登録されたことで有名です。

私は以前より、今帰仁村は沖縄の中でも未開発な土地で自然が沢山あるなどの魅力があるにも関わらず、発展の方向性が定まっておらず都市化の傾向があり、このままでは良くない方向に向かって行く気がしていました。

そこで、音楽やアートをこの地から発信していくことで村全体が盛り上がることが出来れば、経済的発展に依存せず、自然と共存しながら村が発展していくことが可能なのではと思い、今回「Okinawa JAZZ Festival 2016」の企画を構想しました。

―― 様々な音楽ジャンルがある中、なぜジャズだったんですか?

北里さん 最近自分自身がジャズの魅力に惹かれているということもあるのですが、世界遺産の今帰仁城跡の品格を落とすことなく、沖縄の音楽と融合できる音楽を考えた結果、ジャズという結論に落ち着きました。

―― 「Okinawa JAZZ Festival 2016」でこだわったことはどんなことですか?

北里さん 1つ目は、沖縄の要素をとても大切に考えたことです。今回の「Okinawa JAZZ Festival」は琉球組踊、ジャズ、アフリカン、沖縄民謡と出演アーティストのジャンルも様々なのですが、最初と最後は沖縄アーティストにお願いしました。また、暗くなってからは城壁をライトアップさせ、今帰仁城跡を活かした演出を行いました。

2つ目は、来場者の方に山原(やんばる)の食材を使った料理を食べていただきたいと思い、人気店に多数出店していただきました。12時から21時までの長時間の開催となるので、飽きのこないようなメニューにもこだわってもらっています。

3つ目は、子ども達に楽しんでもらえるよう、子どもの感性を刺激する音楽の用意とキッズランドを設置したことです。アフリカンパーカッションを子ども達と一緒に演奏したり、沖縄県の竹で作るシェイカー、端材で作る木琴のワークショップを行ったりと、様々なアクティビティを行いました。自然豊かなやんばるの子ども達が本物の音楽やアートに触れることで彼らの感性を刺激し、この土地から全国、世界で活躍するようなアーティストが生まれてくれればいいなと思っています。

―― イベント開催にあたり、大変だったことなんですか?

北里さん 野外フェスを企画したことが初めてだったこともあり、村や観光協会、各協賛企業向けの企画書の作成が遅れてしまい、準備期間を圧迫してしまいました。また、村や企業に対して協賛をお願いしても、フェスの開催の実績がないことで協賛を断られることもあり、企画書の不備や説得力のなさを実感しました。

また、フェス前日と当日に地元の学生の方にボランティアスタッフをお願いしていたのですが、予定していた人数が集まらずスタッフ不足になり、大変でした。

イベント直前にならないと準備できていないことに気付くことができず、当日は走り回っていましたね。今回ご協力くださった皆様には、本当に助けて頂きました。

―― 「Okinawa JAZZ Festival 2016」を開催してみてどうでしたか?

北里さん 来てくださった方々、地元の方々からとても楽しかったという感想を頂けたことと、次回の開催を望む声もあり、とても嬉しく思っています。様々な反省点はありますが、イベント後に次回は一緒にやろうと言ってくださる方も多く、次回開催に向けて前向きになることが出来ました。

―― 来年に向けての抱負はありますか?
手探りで大変だった今回、終わってみれば反省点も沢山ありますが、この経験を活かして2回、3回と続けていき、村を盛り上げる恒例イベントの1つになっていってくれたら嬉しいです。

今回ご来場して下さった方々、ご協力下さった方々には大変に感謝しています。本当にありがとうございました。

来年開催に向けてまた頑張りますので、楽しみにしていてくださいね!

▽Okinawa JAZZ Festival 2016 公式サイト
http://www.okinawa-jazzfestival.com/

Related Articles